トライアル百科・小川友幸のオフキャンバーを克服せよ

トライアルテクニックは数多くあれど、たいへんにむずかしいオフキャンバーターン。
今回の命題は、そのオフキャンバーターンの、克服だ。現代のトライアル テクニックでは、地味な存在に位置づけられているが、ターンは今も昔も究極にむずかしい。
ターンに始まり、ターンに終わると言うひともいるほどだ。

そのターンの、さらに究極にむずかしいのが、オフキャンバーターン。そこには、現代風の派手なトライアルテクニックは見られないが、アクセルワーク、クラッ チワーク、体重移動など、ありとあらゆるトライアルテクニックが駆使されている。

オフキャンバーターンは、その名のとおり、斜めの地形を、下りるような姿 勢から入って上ってくるターンをいう。
下りからターンに入るのも難しければ、ターンから上りにかかるシーンが、もっとも困難をきわめる。滑る。フロントタ イヤもリヤタイヤも、とにかく滑って、行く手を阻む。

ガッチこと小川友幸先生は、オフキャンバーターンを理論的に、かつ実践的に解説してくれた。
上級の、 なにがなんでもクリーンを狙いたい人にはクリーンを目指したテクニックを、オフキャンバーターンはどうしても無理という人には、まず、その苦手意識を克服 するための一歩を示してくれた。

ターン上達に悩むあなたに、そしてもしかしたら、ホッピングでマシンを振っていくからターンは二の次でいいと考えているあ なたにも必見。


◎オフキャンバーターンは上りはじめが難しい
◎アクセルはゆっくり開けていく
◎平地のターン、できてますか?(基本のターンのおさらい)
◎アクセルワークの流れと組み立て方
◎マシンをしっかり内側に傾けよう
◎ターンの前後は、休憩しやすいポジションで
◎「先にバイクを走らせる」テクニック
◎足をついて「先にバイクを走らせる」練習をしよう
◎ターン中はリヤブレーキを使わない
◎オフキャンバーターン、ギヤの選び方
◎ホッピングの前に、ターンあり
◎内輪差を考えた、後輪優先のラインどりが基本
◎視線の持っていきかた
◎さらに高度なオフキャンバーターンに挑戦
◎効率よい足のつき方
◎オフキャンバーターンの先にはカッコいい技が待っている

DVD 36分
JANコード/4560187780851

kobesuzuka 

SHOP

MITANI神戸店  三谷英明
mitani-kobe@pg8.so-net.ne.jp
〒651-2148
神戸市西区長畑町 486-4
Tel:(078)928-0258
IP-Tel:050−3460−5125

MITANI鈴鹿店  三谷知明
RXD06735@nifty.ne.jp
〒513-0824
三重県鈴鹿市道伯町 2147-71
Tel 059-370-2689
Fax 059-370-2715