MFJ MOTO AWARDS 2017 – 全日本選手権ランキング認定表彰式 –

 

MFJ MOTO AWARDS 2017 – 全日本選手権ランキング認定表彰式 –

開催日 : 2017年12月16日(土)
会 場 : 日経ホール(東京・大手町)
主催:MFJ
表彰対象種目:ロード モトクロス トライアル エンデューロ スーパーモタード、スノーモービル

TEAM MITANI表彰者 :IASチャンピオン小川友幸 IAチャンピオン氏川政哉

プレス賞:TEAM MITANI

昨年に続き、プレス賞という形で表彰していただきました。

2年連続でMOTO AWARDSに参加できること嬉しかったのですが、プレス賞表彰のダブルチャンピオンバイク神輿の「暖簾」というサプライズに感動しました。
ちょうどお店にもほしいというのもありましたし、祭りに「ぴったり」、週末の祝勝会でも飾れるし最高のプレゼントいただきました。
写真を撮っていただいた楠堂あきさん、プレゼンターしてくれたナナさん、そしてたくさんのプレスの皆様、ありがとうございます!!

小川友幸選手は、トライアルデナシオンの世界3位。5年連続7回目のタイトル獲得で表彰され、氏川政哉選手もルーキーイヤーでIAチャンピオン獲得を表彰されました。

余談ですが、3日前に店にトライアルの部品を買いに来てくれた選手が隣にいて、びっくり??なぜにここに?「ST600チャンピオン」です! (^_^ 前田恵助選手だったのだ。まじか!!過去に3-4回来てくれていたのでよく顔をおぼえていたのでびっくり「はやくゆってよ~」てはなしでした。(笑
最近カテゴリーの違う選手がトライアルに乗ってくれてるみたいで嬉しいことだ。ぜひみんな!1月14日のミニミニトライアル(スズカサーキット)走りに来てほしいです!!宜しくお願い致します。

楽しい表彰式でした。大変満足。
またこれるように来年も頑張る!!

写真は、チームのファンの子がとってくれました~素敵な写真ありがとう♪

TEAM MITANI
代表:三谷知明

Kameoka cup46 参戦レポート

Kameoka cup46 参戦レポート

日時:2017年12月10日(日)
会場:kameokaトライアルランド
天候:晴れ
気温:5度
参加台数:68台
5sec×2lap

TEAM MITANI BTメンバー
ブルークラス
村田隼人選手 14歳 1位
廣畑伸哉選手 12歳 2位
川村倭大選手 14歳 4位

グリーン
三谷知明選手 48歳 1位
三谷陵矢選手 14歳 5位

ホワイトA
竹野さとし選手 44歳 4位
西川しょうた選手34歳 7位
樋口 学選手 41歳 9位

ホワイトB
たけのはると選手 8歳 1位
ひぐちしゅん選手 6歳 4位
たけのひな選手 10歳 7位

ノーカラーC
たけのひろと選手 6歳 1位
にしかわせいだい選手6歳 4位

チーム順位
TEAM MITANI BT 優勝

 

今年最後のレース!子供達と一緒に参戦してきました。自転車での子供達との活動も2010年からはじまりはや7年~8年目を迎えます。一時期減少傾向にあった活動も竹野さんのおかげで次世代KIDSメンバーが増えて嬉しいことです。

2017年は自転車トライアルもエリートライダー目指して世界戦にも参戦してより上を目指す活動に変更して「TEAM MITANI BT」スタートしました。

6歳から10歳までのちびっこが増えたことはこのイベントのおかげなのはゆうまでもない。またあたらしいちびっ子と共にも昔を思い出して活動していきたいと思いました。

甥っ子の陵矢くん14歳と一緒にまわりましたが、めきめき成長してきていて、大会では勝てるのだが練習では全く歯が立たない状況まで来た!!前回10位今回5位と躍進!来年は確実に負けそうだ。

若い子がやる気になると、早く上達する!熱中するものを見つけること大事なことだと思いますね。

4クラスで1位を獲得してチームも優勝!23日の祝勝会に花を添えた(^o^)

みんなのおかげで楽しく充実した自転車の活動もできた。ありがとうございました!

年末年始と練習会でみんなに会いたいと思う。

TEAM MITANI
三谷知明

2017 鈴鹿市役所チャンピオンマシン展示

2017 鈴鹿市役所チャンピオンマシン展示

日時:11月20日~11月28日
会場:鈴鹿市役所 1F モータースポーツ振興コーナー
協力:モータースポーツ友の会 鈴鹿市役所

展示車両:5連覇V7 チャンピオンマシン RTL300R 展示
バイクでいかに足を着かずに障害物を走破できるかを競う「トライアル」。
究極のバランス感覚とマシンコントロール能力が要求される競技です。

その全日本選手権の最上位クラス「国際A級スーパークラス」において、鈴鹿市のチーム「HRC クラブMITANI」に所属する小川友幸選手が5年連続7度目のチャンピオンを獲得しました。5連覇は史上3人目となる快挙です。小川選手は四日市市出身。2014年の「モータースポーツ鈴鹿市長賞」を受賞しています

三重県のトライアルのレベルは非常に高く、同じく四日市市出身の藤波貴久選手は2004年に世界チャンピオンに輝いています。さらに今年9月にスペインで開催された国別対抗戦(各国3名代表での団体戦)では小川選手、藤波選手を含む日本代表が3位に入賞するなど、その実力はまさに世界レベル。

41歳の小川選手、2018年はいよいよ前人未踏の全日本チャンピオン6連覇に挑みます!

TEAM MITANI
三谷知明