2021中部選手権トライアルR-3レポート

2021中部選手権トライアルR-3レポート

日時:2021年4月4日(日)
会場:岡崎市 キョウセイ交通大学
主催:知多トライアルクラブ
公認クラス:NB NA IB
承認クラス:シニアクラス IA レディース トライ
セクション:12sec×2lap
出走:112台
天気:雨

TEAM MITANI 出場ライダー
国際B級 川添蒼太選手 成績 7位 GASGASwithMITANI
国内A級 奥田欽哉選手 成績 1位 TEAM MITANI
国内A級 山中玲美 成績 5位 HRCクラブMITANI
国内A級 古市右京選手 成績 17位 VERTIGOwithMITANI

早くも中部は今年2戦目 天候は午前中、曇り 午後、雨と残念な天候となりましたが、エントリーは112台と多い!!選手権100台越えは素晴らしい。

キョウセイ 知多の主催は大人気ですね。上石津も100台達成めざしてがんばらないと!

初参加や女性ライダーの方も多くて、業界で取り組む普及活動の成果が出てきているのではないかと思われます。

いつも一人なのですが、今回は、チームの写真に協力くださる、谷川さんに同行していただき会場入りしました。目的の写真は天候が悪く撮れませんでしたが、ライダーの走る姿、今回のレポート用、すごくいい写真を撮影していただきました。

写真がいいとレポート作っていて気持ちがいいですね~♪

谷川さんありがとうございました。開幕戦でIB初出場で入賞を果たした、川添選手は今回7位となった、まだまだこれからだ

次は全日本初チャレンジだ。NAは今回20年ぶりにライセンスを更新して出場の元IA奥田選手が圧倒的な実力差を見せて、ぶっちぎりの優勝をもぎ取りました。

そしてそして、IB昇格も現実味を増す、成績を2戦連続で出してきたのが山中選手が4位を獲得した、まだまだ女性でIB昇格するのは難しいことで、昇格者も少ないので、ぜひ実現してほしい!!

同じくNA 関東から毎回出場してくれる、古市選手は17位とポイント獲得ならずでした。

NEXT RACE
5月16日 中部選手権R-1(延期分) 椎の里

TEAM MITANI
三谷知明

2021中部選手権トライアルR-2(開幕戦)レポート

2021中部選手権トライアルR-2(開幕戦)レポート

日時:2021年3月14日(日)
会場:四日市市 グリーンパーク岡山
主催:TEAM LEO
公認クラス:NB NA IB
承認クラス:シニアクラス IA
9sec×3lap 持ち時間5時間
出走:89台
天気:晴れ

TEAM MITANI 出場ライダー
国際B級 小倉功太郎 成績 3位HRCクラブMITANI
国際B級 川添蒼太選手 成績 5位 GASGASwithMITANI
国内A級 山中玲美 成績 6位 HRCクラブMITANI
国内A級 古市右京選手 成績 22位 VERTIGOwithMITANI

R-1が緊急事態宣言で延期となりこのR-2も1週間遅れでの開催、事実上の開幕戦となりました。地元開催ということで、お客様のフォローで出店させていただきました。

この会場はイベントなどスクール、普段の練習でお世話になっている会場で、チームレオの皆さんのお手入れがすごく行き届いた綺麗なトライアル専用エリアです。

主には土の斜面、木の根、人口セクションが設置されています。
天候は晴れ、最高の選手権日和となりました。

フォローはトラブルがないかぎりほぼ仕事はないのですが、今回はCOTA300Rのお客様が、始動性が悪いということでマップ書き換えによる始動性向上作業を行い気に入っていただきました。絶大な効果とは言えませんが、低速の粘り向上、始動性向上はマッピングによる補正でよくなる場合もありますので一度お試しいただくのもいいかと思われます。選手権会場で声をかけていただければ無料サービスにて対応いたします。

チームメンバーの活躍は、久しぶりに北海道から里帰りしていた小倉選手IBが、怪我をしている状況で3位表彰台と健在ぶりを見せてくれた。彼は北海道の大学に通う学生ライダーですが、ほとんど練習はしておらず普段はロード自転車でトレーニングをしている。また全日本にも復活してほしいものです。同じくIB5位を獲得したのは、今年ルーキーイヤーの川添選手、普段はご両親がサポートで来場しているが、今回は弟さんの卒業式が重なり一人で参戦、サポートに川村さんがついて回った結果いきなりの5位入賞だ!!楽しみな選手が昇格してきている。IBクラスでした。

NAクラスは、2人エントリー!全日本レディース3位の山中選手が好調だ、先週、一緒に練習した時も上達ぶりにびっくりしていたところだった。NA昇格後自己最高位の6位入賞を獲得した。一緒に毎週練習するメンバーに助けていただいてすごく充実した練習ができているという。今年の全日本レディースが楽しみになってきました。
関東から遠征して参戦してくれる、古市選手は人口の長いセクションに苦戦・・・・昨年末の成績から考えると少し残念ですがまたいい課題が見つかったのでは?次戦に期待だ!

NEXT RACE
4月4日 中部選手権R-3 キョウセイ

TEAM MITANI
三谷知明

中部選手権トライアル R-8 最終戦 レポート

日時:2020年12月13日(日)
会場:愛知県岡崎市 キョウセイ交通大学
公認クラス:NB NA IB
承認クラス:シニアクラス レディース キッズクラス IA
8sec×3lap 持ち時間5時間20分
出走:79台
天気:晴れ

TEAM MITANI 出場ライダー
国内A級 川添蒼太選手 成績 1位 優勝 GASGASwithMITANI
国内A級 山中玲美 選手成績 14位 HRCクラブMITANI
(監督:仕事の都合でいけなくて川添さん素晴らしいレポートです(#^^#))

中部トライアル選手権シリーズ最終戦、チームからはNA2名が参戦。
今回も三谷監督不在の為…監督代理!?兼…見守り役の川村さんが来てくれました(^^)♪♪
晴れてはいるものの、気温が上がらず真冬日の寒さの中2人がトライ!!最後まで走りきりました。
今シーズンのランキング表彰式は中止となってしまい残念ですが、コロナ禍の状況で延期や変更はありましたが9戦全て開催して頂けた事に感謝致します。

以下、選手からのレポートとなります。


今シーズンは半分出場しましたが、なかなか成績上位にあがることができませんでした。
苦手意識で躊躇しながらセクションを走ることが多く、岩を諦めてしまい5点になる場面が多かったです。
来シーズンに向けて気持ちをコントロールしながら乗ることも課題です。

HRCクラブMITANI
山中玲美


中部選手権最終戦1位でした。
1lap目いつも通りすぐ足が出てしまって1位と1点差の2位で終えました。
2lap目気持ちをリセットし、集中して1点で回ることができました。
3lap目1~6secまでクリーン…最後7sec、8secで気が抜けてしまいオールクリーンできず、合計13減点クリーン17で終わりました。
今年はNA年間チャンピオンを目指してきましたが、残念ながら2位となり悔しい思いです。
大会を通して新たな課題ができ、来年から国際B級を走らせてもらうので、その課題を来年の大会が始まるまでに少しでも克服します。
最後に、今年1年チームミタニの皆さん、家族、色々な方に応援していただき感謝しています!!ありがとうございました。
今後の目標は2021年全日本に出場して国際B級10位以内を目指して準備していきます!!

今シーズンは半分出場しましたが、なかなか成績上位にあがることができませんでした。
苦手意識で躊躇しながらセクションを走ることが多く、岩を諦めてしまい5点になる場面が多かったです。
来シーズンに向けて気持ちをコントロールしながら乗ることも課題で

GASGAS with MITANI
川添蒼太

(監督より:10位以内とは??えらい謙虚? チャンピオン狙っていきましょ!!)


レポート
TEAM MITANI 川添久美子

TEAM MITANI
三谷知明