Kameoka cup46 参戦レポート

Kameoka cup46 参戦レポート

日時:2017年12月10日(日)
会場:kameokaトライアルランド
天候:晴れ
気温:5度
参加台数:68台
5sec×2lap

TEAM MITANI BTメンバー
ブルークラス
村田隼人選手 14歳 1位
廣畑伸哉選手 12歳 2位
川村倭大選手 14歳 4位

グリーン
三谷知明選手 48歳 1位
三谷陵矢選手 14歳 5位

ホワイトA
竹野さとし選手 44歳 4位
西川しょうた選手34歳 7位
樋口 学選手 41歳 9位

ホワイトB
たけのはると選手 8歳 1位
ひぐちしゅん選手 6歳 4位
たけのひな選手 10歳 7位

ノーカラーC
たけのひろと選手 6歳 1位
にしかわせいだい選手6歳 4位

チーム順位
TEAM MITANI BT 優勝

 

今年最後のレース!子供達と一緒に参戦してきました。自転車での子供達との活動も2010年からはじまりはや7年~8年目を迎えます。一時期減少傾向にあった活動も竹野さんのおかげで次世代KIDSメンバーが増えて嬉しいことです。

2017年は自転車トライアルもエリートライダー目指して世界戦にも参戦してより上を目指す活動に変更して「TEAM MITANI BT」スタートしました。

6歳から10歳までのちびっこが増えたことはこのイベントのおかげなのはゆうまでもない。またあたらしいちびっ子と共にも昔を思い出して活動していきたいと思いました。

甥っ子の陵矢くん14歳と一緒にまわりましたが、めきめき成長してきていて、大会では勝てるのだが練習では全く歯が立たない状況まで来た!!前回10位今回5位と躍進!来年は確実に負けそうだ。

若い子がやる気になると、早く上達する!熱中するものを見つけること大事なことだと思いますね。

4クラスで1位を獲得してチームも優勝!23日の祝勝会に花を添えた(^o^)

みんなのおかげで楽しく充実した自転車の活動もできた。ありがとうございました!

年末年始と練習会でみんなに会いたいと思う。

TEAM MITANI
三谷知明

JBTA J-SIRIES R-3 岐阜大会 レポート

JBTA J-SIRIES R-3 岐阜大会 レポート

【 大会名称 】 2017 Jシリーズトライアル #03 岐阜大会
【 開催日時 】 2017年10月15日(日)
【 開催地 】 トライアルフィールド鮎の瀬 岐阜県関市小瀬751
【 主 催 】 JBTA 日本自転車トライアル協会
【 主 管 】 鮎の瀬トライアルフィールド
【 協 力 】 岐阜県自転車競技連盟 ベスパック株式会社 コミセールの会
【天候】 雨
【参加台数】 57台
【セクション】 5sec×3lap

【クラス】
スーパーエリートSuper Elite (16歳以上 男子 20/26 J-エリート選抜 yellowcourse)
J-エリートJ-Elite (15歳以上 男子 20/26 red course)
M-カデットM-Cadets (12-29歳 男子 green course)
マスターズMasters (30歳以上 男子 gray course)
ベンジャミンBenjamins (10-15歳 男子 blue course)
ウイメンWomen (11歳以上 女子 pink course)
チャレンジWChallenge Women & White (7歳以上 女子 および 7-10歳 男子ogange course)

参加メンバー

竹内康剛選手(28歳)J-エリート 5位
谷口友希選手(14歳) J-エリート 7位
廣畑伸哉選手(12歳) M-カデット 3位

村田隼選手(14歳) Mカデット 4位
亀井駿佑選手(15歳) M-カデット 6位

今シーズン最多エントリー5人で参戦してきました。MITANIで輸入するCROSSBOWもようやく3台出場というところまでこぎつけました・・・。

スーパーエリートの寺井一希選手もCROSSBOWデビュー戦!!

J-エリートの竹内康剛選手 Mカデットの亀井駿佑選手もCROSSBOWでの初出場となりました。
今年はJBTAの大会すべてに来場できたのでなるべくCROSSBOWを見てさわってもらって出場する選手に興味持ってもらいたかった。

参加してくれる選手ができたのでさらに生の走りで見ていただけますのでうれしいことです。その中でも寺井選手がCROSSBOWを選んでくれたことは、ものすごく大きい!!世界チャンピオンをも獲得してる選手で日本では絶対王者!私の注目度はNo.1です。

しかし寺井選手は、前日の練習中の大転倒で予期せぬ負傷。しかも今回は、今年ヨーロッパ修行帰りの、塩崎太夢選手参戦!!この選手は、氏川湧雅選手や久岡孝二選手の自転車時代のライバルだったので私もよく覚えていて、ヨーロッパで使うグローブを注文くれたので忘れもしない(笑)

とはいえ寺井選手を脅かすほど成長しているとはぜんぜんわかりませんでした。塩崎選手の走り見せていただきました。「すごい」ずば抜けたパワーライディングは、力だけではなくテクニックも軽やか、しかも飛距離、精度光っていました、半端なくうまかった。寺井選手に圧勝で勝利する18歳出現です。自ら決意して世界に拠点を移して日本と違う環境で修行してくるとこれほどまでに違うのかというのを見せていただきました。

もちろん私は寺井選手のCROSSBOWでの初優勝を期待していましたが、成長した若手の出現はうれしい話題だと思う!!業界は盛り上がると思う!!そして王者として寺井選手がリベンジするところ見たい!!実に楽しみだ!!

11月10-11日に行われるUCI 世界選手権での日本人選手の活躍に期待しよう~。我がチームにも2018年WORLD YOUTHに出場予定のMカデット廣畑選手12歳がいます、今回は今季自己最高位の3位を獲得して表彰台を獲得する活躍をしてくれた!! もちろんメンバー全員の活躍、頑張ってくれる姿は頼もしくうれしい。

今年の私のJBTAイベントの活動はこれで最後、いろんな方に迷惑をかけて、助けてもらい、良くしてもらい、楽しいお話を聞かせてもらった。ほんとうれしいことです。JBTAのみなさまありがとうございました~来年も宜しくお願い致します。

TEAM MITANI
代表 三谷知明

Kameoka cup45 参戦レポート

Kameoka cup45 参戦レポート

日時:2017年9月10日(日)
会場:kameokaトライアルランド
天候:晴れ
気温:28度
参加台数:81台

5sec×2lap

TEAM MITANI BTメンバー

ブルークラス
村田隼人選手 14歳 1位
廣畑伸哉選手 12歳 3位
南山敏広選手 44歳 4位
川村倭大選手 14歳 5位
南山佳樹選手 19歳 10位

グリーン
三谷知明選手 47歳 2位
三谷陵矢選手 14歳 10位

ホワイトA
竹野さとし選手 44歳 4位
竹野じゅんじ選手 39歳 10位
樋口 学選手 41歳 11位

ホワイトB
たけのはると選手 8歳 5位
たけのひな選手 10歳 10位
ひぐちしゅん選手 6歳 12位

ノーカラーC
たけのひろと選手 6歳 1位

チーム順位
TEAM MITANI BT 優勝

KameokaCUP参加台数81台 素晴らしい数字 チームも最多の14台で参加してきました。久しぶりに小さい子供達が参加してくれて、KIDS DREAM立ち上げた時を思い出しました。懐かしい。いまの中学生メンバーがこのくらいの年の時に、若手育成プロジェクトとしてKIDS DREAM RACING TEAM活動を行いました。いまは、ほとんどこのkameokaCUPが頼りの活動となっていますのが現実です。私も参加しました。Vertigo プロデュースの「CROSSBOW20」で参加してきました。ポテンシャルのおかげで2位!とにかく軽い車両は、走破力高いです。ブルークラスとノーカラーCで優勝。チームも優勝して子供達が表彰台へ、このシーンが懐かしかった。夢中で楽しんでくれる子供達増やしてまた参加したいですね。

ここ最近なかった、楽しい一日でした。

TEAM MITANI
三谷知明