中部選手権トライアル R-8 最終戦 レポート

日時:2020年12月13日(日)
会場:愛知県岡崎市 キョウセイ交通大学
公認クラス:NB NA IB
承認クラス:シニアクラス レディース キッズクラス IA
8sec×3lap 持ち時間5時間20分
出走:79台
天気:晴れ

TEAM MITANI 出場ライダー
国内A級 川添蒼太選手 成績 1位 優勝 GASGASwithMITANI
国内A級 山中玲美 選手成績 14位 HRCクラブMITANI
(監督:仕事の都合でいけなくて川添さん素晴らしいレポートです(#^^#))

中部トライアル選手権シリーズ最終戦、チームからはNA2名が参戦。
今回も三谷監督不在の為…監督代理!?兼…見守り役の川村さんが来てくれました(^^)♪♪
晴れてはいるものの、気温が上がらず真冬日の寒さの中2人がトライ!!最後まで走りきりました。
今シーズンのランキング表彰式は中止となってしまい残念ですが、コロナ禍の状況で延期や変更はありましたが9戦全て開催して頂けた事に感謝致します。

以下、選手からのレポートとなります。


今シーズンは半分出場しましたが、なかなか成績上位にあがることができませんでした。
苦手意識で躊躇しながらセクションを走ることが多く、岩を諦めてしまい5点になる場面が多かったです。
来シーズンに向けて気持ちをコントロールしながら乗ることも課題です。

HRCクラブMITANI
山中玲美


中部選手権最終戦1位でした。
1lap目いつも通りすぐ足が出てしまって1位と1点差の2位で終えました。
2lap目気持ちをリセットし、集中して1点で回ることができました。
3lap目1~6secまでクリーン…最後7sec、8secで気が抜けてしまいオールクリーンできず、合計13減点クリーン17で終わりました。
今年はNA年間チャンピオンを目指してきましたが、残念ながら2位となり悔しい思いです。
大会を通して新たな課題ができ、来年から国際B級を走らせてもらうので、その課題を来年の大会が始まるまでに少しでも克服します。
最後に、今年1年チームミタニの皆さん、家族、色々な方に応援していただき感謝しています!!ありがとうございました。
今後の目標は2021年全日本に出場して国際B級10位以内を目指して準備していきます!!

今シーズンは半分出場しましたが、なかなか成績上位にあがることができませんでした。
苦手意識で躊躇しながらセクションを走ることが多く、岩を諦めてしまい5点になる場面が多かったです。
来シーズンに向けて気持ちをコントロールしながら乗ることも課題で

GASGAS with MITANI
川添蒼太

(監督より:10位以内とは??えらい謙虚? チャンピオン狙っていきましょ!!)


レポート
TEAM MITANI 川添久美子

TEAM MITANI
三谷知明

POJミニ大会 レポート

POJミニ大会 レポート

日時:2020年11月22日(日)
会場:静岡県富士市 POJ
カテゴリー:6 (ピンク 白 青 緑 赤 黄色)
ルール : UCI新ルール 3Sec×2Lap
参加人数:44名
天気:くもり

TEAM MITANI 出場ライダー
増田誠政選手 亀井俊介選手
樋口瞬選手 樋口類選手

初めて開催されたPOJミニ大会に参戦しました。

TEAM MITANIからは4名が参戦。

樋口類選手は、白コースでエントリー。
半年前、POJで走った時はまだ自転車を乗り始めたばかりで走る事も大変でしたが、今回はお母さんのサポートもあり、マーカーのついたコースをしっかり走る事ができました。クリーンも出す事ができ、すごい成長ぶりでした。

樋口瞬選手は、緑コースでエントリー。
jシリーズレベルのひとつ上のレベルに挑戦!手強い大人たちに上位を取られてしまいましたが、しっかりとポイントを取る事ができ、本人も自信につながるものとなりました。

亀井俊介選手は、石川から三重、そして静岡と車で移動と大変だったが、疲れを感じさせない気合いの入った走りで赤クラス3位で入賞とがんばりました。

増田ながまさ選手は、黄色でエントリー。
前半リズムを崩したものの何とか後半取り戻し2位となりました。

選手のお父さんたちは、オブザーバーのお手伝いをしました。
今年から採用予定だったポイント方式、新ルールでのオブザーバーもしっかりとも対応することができました。
今回の大会は関東関西なんと九州から参加者が集まりました。
大会終了後は、コースが開放され同年代の子や同じレベル同士が集まり練習し交流を深める機会となりました。また大会がどこかで開催される機会があれば参加していき、更にレベルアップを図っていけたらと思います。

TEAM MITANI
レポート 増田こず江

TEAM MITANI
三谷知明

中部選手権トライアル R-6 レポート

中部選手権トライアル R-6 レポート

日時:2020年11月22日(日)
会場:岐阜県大垣市 上石津緑の村公園
公認クラス:NB NA IB
承認クラス:シニアクラス レディースクラス

8sec×3lap 持ち時間4時間30分
出走:77台
天気:快晴

TEAM MITANI 出場ライダー

国内A級 川添蒼太選手 成績 2位 GASGASwithMITANI
国内A級 古市右京選手 成績 7位 VERTIGOwithMITANI
国内A級 山中玲美 成績 22位 HRCクラブMITANI

主催担当の第6戦は、当初5/24開催予定、コロナの影響により→8/9に延期…更に延期となりましたが、感染予防対策をしつつようやく開催に至りました。

昨年より上石津モーターサイクルガーデンを使用させて頂く事となり、今回も川添様、グリーンライダースのメンバーの皆様には準備の段階より大変お世話になりました、感謝申し上げます。

上石津は2回目ということもあり、チーム員も準備、進行、片付けは手分けしスムーズに終えることができました。受付に関しては、不行き届きもあったかと思いますが中部TR部会岩田様よりコロナ感染予防対策した受付方法をレクチャーして頂きながら進めさせて頂きました。

山中玲美選手は、全日本ランキング3位で終わり、NAでどこまで成績を残せるか?少しでもIB昇格へ近づくことが課題だ。
しかしどうも私が作る上石津のセクションは相性が悪いようだ。
刻んで乗ることが難しい設定なんでターンしながら常に進めないとうまく走破できない。トライアルの基礎的な部分です。

古市右京選手は、またもや遠征してきてくれました。中部選手権がすごく練習にもなるといわれます。
今回新しいマシンにも慣れてきてるのかすごくいい走りをされていました。
路面をきっちりとらえていましたね。7位!目標の6位以内まであと少し!

川添蒼太選手 今回も優勝!!という目標で出場。
1lap目 最初からすぐ足が出てしまい最悪なスタート、2lap目 気持ちリセットしオールクリーンで終えましたが、3lap目 1位を逃す原因の足付きをしてしまい結果2位となりました。
上位1、2位の神経戦…やはりメンタル面で負けたような気がします。
年間タイトルは難しくなってきましたが、最終戦は悔いなく有終の美を飾る目標を持ち全力で挑む!!

NEXT RACE:12月13日 中部選手権 R-8 最終戦 キョウセイ

✱お知らせ✱
11月29日に予定していた中部クラブ対抗戦はコロナの影響で中止とのことです。

レポート
川添久美子

TEAM MITANI
三谷知明