2019 Jシリーズトライアル #01 愛知大会 レポート

2019 Jシリーズトライアル #01 愛知大会 レポート

【 開催日時 】 2019年4月28日(日)

【 開催地 】 妙楽寺トライアル場 愛知県豊田市花沢町上根引

【 主 催 】 JBTA 日本自転車トライアル協会

【 主 管 】 J愛知大会実行委員会

【 協 力 】 妙楽寺トライアル場
  マイロードなかの
  ナゴヤスチール株式会社
  株式会社エム・エス・ケー
  コミセールの会 http://www.geocities.jp/commissaires_info/index.html

【 バックボード協賛 】
  青盛建材
  グリーンサイクル http://www.greencycle-s.com/
  テック技販 http://www.tecgihan.co.jp/
  バイクハウスてらそ http://teraso.skr.jp/
  ベスパック http://www.bespack.co.jp/
  マイロードなかの http://www2s.biglobe.ne.jp/~myroad/
  MITANIモータースポーツ http://www.mitani-ms.jp/
  モビルバイク
  ワンダーエナジー
 
【 セクション数 】
  午前:6セクション x 2ラップ
  午後:5セクション x 3ラップ
  セクションは任意の順で通過可能とする(スコアカード交換は2ラップ終了後)

参加メンバー J-SIRIES R-1
  高橋靖也選手(18歳)スーパーエリート☆ 3位☆ JITSIE VARIAL20RACE
  増田誠政(16歳)スーパーエリート4位 JITSIE VARIAL20RACE
  谷口友希(16歳)スーパーエリート 6位OZONYS26
  亀井駿佑(17歳)Jエリート 5位 CROSSBOW20
  樋口 瞬(7歳)チャレンジW 10位 JITSIE VARIAL18

今年の開幕戦は、地元は愛知県 妙楽寺トライアルパーク オートバイの中部選手権ではよく使われている会場ですが、J-SIRIESは実に4年ぶり。

自転車のメンバーがそろうのもあうのも半年ぶりでしたし、注目の選手やスーパーエリートの走りを見れるので楽しみにしていました。

会場はというと残土で埋め尽くされていて、今までの会場ではなくなっていました。名物な岩盤のセクションは埋め尽くされていて少しさみしい~~しかしいいことも♬

すごく広い整地された駐車場が誕生していました。これで大きなイベントも問題なく開催できる。

選手は総勢5名で参戦。若手一番は7歳樋口瞬くん チャレンジWクラス参戦で瞬君だけ午前中の競技でした。堂々と戦っていました。

昨年よりセクションが難しく苦戦していましたが楽しんで勉強できて経験できたのではないかと思います。くじけず最後ま走りきった事に拍手。

Jエリートには亀井選手が参戦、最終的に5位、練習が満足にできない状況での参戦でしたがまずまずではないかと思います。

スーパーエリートへは3人が参戦、やっている練習や今回のセクションは超激しいし危険なのだ、そのせいか、やたらこのクラスは、怪我している選手(怪我が完治しないまま)参戦が多かった、しかし怪我を抱えながらも参戦し、参戦するからには負けられない意地と執念に感動させられました。これぞ男の中の男の戦い。かっこいい!!いい刺激だったですよ~今年もバイクトライアル応援したい気持ちになりました。

チームでは序盤苦戦するも後半で巻き返して3位表彰台が最高位の高橋靖也選手が活躍。

増田選手は怪我を負いながらも良い走り、走破力の走りは先輩ライダーも脅かすほどまで成長してきている怪我を治してベストな走りに期待です。

26インチに乗り換えての今年は参戦。内容的には1lap目は調子が出ず減点を重ねたが2lap目中盤からようやく体が動き始めて挽回して6位だ!!序盤から体が動くように調整しよう~。

出場選手みんな全力で頑張ってくれました。大きなクラッシュもみたが体に影響なくて良かった。怪我だけは気をつけてトレーニングして次戦に挑みましょう!!

TEAM MITANI
代表 三谷知明

team-mitani