『Fujigas Meeting!』 In KYOUSEI DRIVER LAND レポート

『Fujigas Meeting!』 In KYOUSEI DRIVER LAND レポート

【日時】2018年12月1日(日)
【場所】キョウセイドライバーランド(愛知県岡崎市)
【講師】
〇Repsol Honda Team
藤波貴久選手

〇TEAM MITANI
小川友幸選手・柴田暁選手・氏川政哉選手

〇他チーム
小川毅士選手・斎藤昌夫選手・藤原慎也選手・吉良祐哉選手・久岡孝二選手・磯谷玲選手・小谷徹選手会長

その他国際A級(IA)・国際B級(IB)ライダー多数

2018年12月1日、愛知県岡崎市のキョウセイドライバーランドにて約6年ぶりに『FujigasMeeting!』が開催されました。

名前こそフジガスミーティングと謳っているものの実態は国際A級スーパークラス(IAS)に参戦するライダー達が講師となってスクールを行ったり、チーム対抗戦があったり、ガチンコ対決があったり、各インポーターが試乗会を行ったり、ライダーに所縁有るメーカーがブースを出したり、トライアルをしないファンの方(見学者)には今流行りのミートアンドグリート的な要素もある超豪華ファンミーティングでした。

12月1日は6年前の嵐のような天候とは打って変わっての晴天。
午前中は参加者が初級から上級まで各自にあったクラスに分かれてのスクール。
もちろん講師はIASのライダー。

藤波選手は全クラスを担当し常に声を張り上げジェスチャーに加え、時には自らライディングで熱心に指導していました。

参加者の中にはこのイベントを盛り上げようと全日本モトクロスチャンピオンの小島庸平選手や全日本レディースMXライダーの久保まな選手、テレビや雑誌で人気のあやみんこと岸田彩美さん、さらには有名フォトグラファーの姿もありました。

見学者の方はIAS(講師以外)やIA・IBのトップライダーがエスコートしてスクールを見学されていました

ランチタイムには、ライダーと参加者全員で楽しい雰囲気の中、スクールの反省や午後から行われるデ・ナシオン形式(参加者全員が参加のチーム対抗戦)に向けて作戦会議が行われていました。

午後はデ・ナシオン形式で参加者全員が参加のチーム対抗戦。

参加者も講師陣もTEAM藤波・TEAM小川(友)・TEAM柴田・TEAM小川(毅)の4つのチームに組分けされ、2つのセクションを各レベルに合わせてマーカー分けされたラインを講師陣と一緒に下見をしながら作戦タイム。ちなみにIASの選手は上級クラスのラインをタイムトライアル式で勝負。IASの選手から直接ラインの指示やアドバイスをしてもらえるまたとないチャンスとなり、結果はTEAM小川(友)が優勝。優勝特典はTEAM小川(友)のIAS選手(ガッチ・コウジ・アキオ君)とハグ&記念写真。そうなんです!ガッチとハグ!!!

ちなみにタイムトライアルは藤波選手が両セクションともトップタイムを叩き出しました。(柴田選手は頑張りすぎての大前転で5点、これがTEAM柴田の敗因だとかなんとか、、、)

私MCまんぽ~も少しだけ総合司会の三井忍さんや小谷徹さんと一緒にマイクでおしゃべりさせていただきました。

レース後は藤波選手・IAS選手のガチンコ対決。

全日本でみんなが苦戦したラインやキョウセイ名物の1つである大岩をみんなでTRY。藤波選手の世界ライディングや全日本チャンピオンの走り、又各選手の真剣な眼差しや走り方の違い等決して本番では見ることのできない至近距離で楽しむことが出来ました。

最後にはIAS各選手所縁のあるグッズがもらえるじゃんけん大会やサイン会で終了。

朝の開校式からじゃんけん大会まで貴重な体験盛り沢山で、参加してくださった皆様に大変満足していただけた一日となりました。

これからもこういったイベントを通して少しでも多くの方にトライアルの魅力をお伝えできればと思います

私自身、今回のこのイベントを企画から各メーカー、各チーム、IASライダー達への声掛け、運営の全てを中心となって動いていた小川友幸選手の人柄と人望の厚さ、トライアルへの情熱とファンの皆様への感謝を強く感じたイベントでもありました。

これこそ真の全日本チャンピオンの姿、真の6連覇V8チャンピオンの姿でした。

記:MCまんぽ~

TEAM MITANI
三谷知明

team-mitani