中部選手権トライアルR-3参戦レポート

IMG_2584 IMG_2590

12963897_893557304076114_8339099035627845234_n

中部選手権トライアルR-3参戦レポート

日時:2016年4月10日
会場:静岡県浜松市 てんてんゴー渋川
天候:晴れ
気温:22度
主催:trial team shizuoka
クラス:NB NA IB IA
10sec×3lap 持ち時間5時間

TEAM MITANI 出場ライダー
国際B級
氏川政哉(13歳) GASGAS125 成績1位
小倉功太郎(16歳) RTL300R 成績7位
国内A級
井之前拓実(16歳) GASGAS125 成績17位
井之前健太(19歳) GASGAS250 成績21位
国内B級
山中玲美(20歳)  COTA4RT 成績11位

静岡県遠征でしたが新東名が新区間が完成したこともあり、早朝出発して会場入りしました。所要時間1時間50分!はやっい!!!しかしインター降りてから、朝食昼食を調達の予定でしたが・・・・なんと買い物するところゼロ「あらああ~~」朝食食べずに会場入りしましたら、主催者の松本さんの奥様の手作りおむすびをいただいた「超うまい」「超幸せ」でした。ありがとうございました。これでパワー充電して大
会に挑める(笑)

自然に囲まれて、さくらが咲いていて、キャンプ場 レストラン トイレ バンガローなどアウトドアライフを楽しめるすごく環境の整った会場でした。トライアル界が理想とするパークです。こんな環境があるなんてすばらしい。レストランがあるなんて昼食調達せずに会場入りした私にとっては、「超ありがたい」カレーライスをいただきましたこれまた「超うまうま」。

大会会場もトライアル的ベーシックな練習ができる斜面が多く、難しいが危険じゃなくてトレッキング的に楽しめる会場でした。

地味にターンがうまくないとセクションを走れない。下見の段階では目に見えてこない難しさが詰まっている会場でした。その会場で、今までの苦労を開花させたのが、NBクラス4年目に出場する、女性ライダー「山中玲美選手20歳」苦労して努力しての「涙の初ポイント」を獲得して「知明さんポイントとれました~」と笑顔でうれしそうに報告しに来てくれました。ポイント獲得寸前で取れそうで取れない状況が続いていたので、突然の報告にびっくりしたが「よかったあああ」長い道のりだったから喜びも倍増だ!!こうやって苦労して目標が達成できたときの笑顔は素敵です。私も感動しました。

そしてNAクラスでは久しぶりに、井之前健太選手が参戦してくれた、井之前拓実選手のお兄さんです。中学高校生時代にTEAM MITANIから参戦してくれていて今は勉強に専念していて弟と一緒にトライアルも少しづつ楽しんでいる。今回は兄弟で「勝負する」とエントリーしたらしい、軍配は現役中の弟、井之前拓実選手が勝利した。現役中ですからね負けれない戦いでしたから拓実選手は「ほっ」としたのでは。

IBクラスではまだ無敗の氏川政哉選手が連勝記録をぶっちぎりで更新して優勝!チーム員みんながんばってくれているのでうれしい~これからの活動の活力になります!次は全日本R-2です。熱い応援よろしくお願いします。

NEXT RACE
4月17日 全日本トライアルR-2 近畿名阪スポーツランド

TEAM MITANI
三谷知明

CHITA CUP1 レポート

P1000432

P1000355 P1000379

CHITA CUP1 レポート

日時:2016年4月3日(日)
会場:知多バイクトライアルランド
天候:曇り
エントリー:28台
主催:平野博氏

Kidsメンバー出場者
むらたはやと
かわむらやまと
もりりゅうき

久しぶりにバイクトライアル大会に出向きました。
久しぶりに知多で行われるのもありましたが、久しぶりにKDRTメンバーの大会に出る姿も見たかったこともあるのであります。
久しぶりに私も体を動かしました。(大会にエントリー)
気持ちいいですね~やはり何もせずに帰宅するのと運動して帰宅するのとでは全然ちがいます。

一緒に世界戦にもいった、もりりゅうき選手も久しぶりに元気な姿を見せてもらいました。さすがに実力は健在で、トライアルするのが上手でした。僅差だったが1位でした。すばらしい!

4歳のKIDSたちの参戦もあって昔のKIDSメンバーを思い出させてくれました。懐かしい。メンバーは今中学生がほとんど、時間の立つのは早いですね。さて今年の自転車も遅くなりましたが開幕戦でした(笑)いろんな活動をさせていただけて幸せですね~。今年も早く時間が過ぎそうだ。

4月10日は中部選手権だ。こちらも久しぶりにエントリーしたので楽しんできたいと思います。

TEAM MITANI
三谷知明

中部選手権トライアルR-2参戦レポート

P1000275P1000272 P1000177 P1000187

中部選手権トライアルR-2参戦レポート

日時:2016年3月27日
会場:四日市市上海老町 グリーンパーク岡山
天候:晴れ
気温:18度
主催:TEAM LEO
クラス:NB NA IB IA
10sec×3lap 持ち時間5時間

TEAM MITANI 出場ライダー
国際B級
氏川政哉(13歳)  成績1位
武田呼人(14歳)  成績2位
小倉功太郎(16歳) 成績6位
国内A級
井之前拓実(16歳) 成績5位
国内B級
山中玲美(20歳)   成績18位

地元の大会でした。天気予報は悪かったのですが、当日は晴!今年は晴男!暖かい!
三重県四日市市の会場での開催。GATTIスクールを開催させていただいているところ。
主催者のLEOの皆様は、チームワーク完璧で事前からの準備はいつもすばらしい~トライアル業界への取り組みはうちらも見習わなければいけない。
そのような環境で、大会に参加できること幸せに思います。
そして、参加するメンバーは大活躍の一日だった。

NBレディースライダー20歳山中玲美選手は15位に3点差の18位、初ポイント獲得を目指す彼女にとっては悔しい結果だが今年こそは目標を達成してくれそうだ。NAクラス参戦の16歳井之前拓実選手は前回より順位を上げて5位に入賞。今回はお父さんがアシスタントを行っていてましたのでその成果は大きい。

IBクラスはスーパールーキーが壮絶な優勝争い、1lap目2lap目と1位のリザルトを残したのは14歳武田呼人選手。彼にとって優勝を獲得するよりも大きな課題、目標は「自分との戦いに勝つこと」そしてBIKE TRIAL時代から目指した「怪物13歳氏川政哉選手」に勝てる最大のチャンスだった!!チームメイトだがお互いにライバル視し意識し刺激しあう姿はスポーツのレベルを上げるための必要な争いとなるにちがいない。数々の修羅場を勝ち続けてきた氏川政哉選手には今日の状況でも逆転できるという我慢強さを感じる、武田呼人選手は、今日は1lap2lapと悪くなかった。1点差リードの3lap目突入だった「よく聞くフレーズだが」「クリーンしているセクションで5点」これで自滅の「勝負あり」となった。氏川政哉選手の今日のような状況でも優勝する強さを持っている。武田呼人選手も氏川政哉選手連勝をSTOPできそうな実力をつけて来ているので今後2人の争いに注目したい!!
NEXT RACE
4月10日 中部選手権R-3 てんてんご~静岡

TEAM MITANI
三谷知明