2014全日本トライアルR-3  九州大会 結果報告書

2014全日本トライアルR-3  九州大会 結果報告書

TEAM MITANI
2014全日本トライアルR-3  九州大会 結果報告書
「☆IB開幕3連勝!!3連続1-2finish!!☆」

(2014新体制)
監督 三谷 知明  副監督 三谷 英明
全日本トライアル選手権(全7戦) 出場ライダー&マシン(出場車両:HRC RTL260F GASGASPRO125)
● 国際A級スーパークラスRTL260F
ライダー       :  小川友幸(37歳) 柴田 暁(25歳) 
マインダー&サポート :田中裕大&川村道徳(小川友幸選手) 柴田志彦&田中裕人(柴田暁選手) 
● 国際A級クラスRTL260F
ライダー       : 村田慎示(40歳)  *北山将司(31歳)
マインダー&サポート : 上田万法(村田慎示選手)
● 国際B級クラスGASGASPRO125
ライダー       : ☆氏川湧雅(14歳)  ☆久岡孝二(14歳)
マインダー&サポート : 藤波由隆(氏川湧雅) 広 昌明&久岡誠二(久岡孝二) 

*印ライダーはスポット参戦ライダーです。  ☆マークは昇格ライダーです。

●2014年5月11日(日)決勝  
●会場:山口県下関市 フィールド幸楽トライアルパーク
●天候:晴れ(あったかい)
●気温:26℃  ●観客:1278人  
●セクション:大岩 沢 ロック
●4時間 12sec×2lap(IAS/IA/IB)+SPステージ2sec (IAS)

(R-3結果)
● 国際A級スーパークラス
☆2位:小川友幸 5位:柴田暁 
● 国際A級クラス
8位:村田慎示 怪我欠場:北山将司 
● 国際B級クラス
☆1位:氏川湧雅 ☆2位:久岡孝二

(R-3 九州大会)
山口県下関市で全日本トライアル九州大会でした。九州に行くよりは近くなり距離的には楽でしたが、地元の方にとっては少しさみしかったのではないでしょうか?(^^ 

● 国際B級クラス
チーム開幕3連勝は、昨年のグランドチャンピオン氏川選手14歳が初優勝で達成してくれました。
3戦連続1.2finishは、右手中指骨折中の久岡選手14歳の活躍で達成。骨折という状況から2位以内に入るのはかなり困難なはずだった、しかし氏川選手と最後まで優勝争いをする驚異的な走りを見せてくれた。同点でクリーン数1個の差で2位となった。氏川選手にとっては今後も強敵として立ちはだかることになるだろうから、この優勝をきっかけに勢いをつけていきたいところだ。今年のこの二人の活躍はチームとしてとてもうれしい話題だ。今のところむかうところ敵なしの状況です。今回の減点を見ても1位2位の17点に対して3位は43点だからダブルスコア―以上。よほどのことがない限りこの二人の戦いになるであろうこの国際B級クラス。今回は、本人も待ち望んだ初勝利!!氏川湧雅選手の初優勝を祝福してあげたい!!
YU-GAく~~ん!!おめでとう!!

● 国際A級クラス
村田選手は昨シーズンから、上田万法をサポートに起用し上位を狙う体制で6位表彰台も何度か獲得しているのでさらにランキングも上位を狙う!!しかし昨シーズン後半からのスランプでノーポイントが続き暗雲状況でした。
昨年暮れ新しいマシンにチェンジしたいということで、新しいマシン作りを手伝わせてもらっていたからスランプは、私もかなり気になっていて、「マシンがよくないのか?」「マシンがあわないのか?」があるのか?思ってしまいますよね~いくらいいマシンだと作っても選手に合わなければよくないマシンになってしまうのがトライアルですからね。まあ~結果が出て良かった。けして満足のいく順位ではないとはおもうのですが安心しました。しかも「たら。れば」いえば4位に入れる「超凡ミス」をしたというのだから「マシンのポテンシャルは4位だ」(笑) 久しぶりの活躍はうれしかったと思います「おめでと~」!!サポートの上田さん、土曜日仕事で間に合うように新幹線移動で駆けつけてくれたおかげです!!感謝してください(^^♪
北山選手は、名阪でやってしまった怪我が前十字靱帯断裂・・・・思ったより重症で6月に手術をする・・・・早い復帰を祈りたい。若いから回復も早いしきっちりリハビリして完治してまた元気な姿を見せていただきましょう!!


● 国際A級スーパークラス
開幕3連勝の期待がかかるGATTI。4月20日近畿大会 26-27日世界戦MOTEGI この九州大会とハードなスケジュール・・・・しかもレース日以外もイベントなどをこなしている。体調も万全と行かなくてもしょうがない忙しさだった、・・・・若干体調不良でのR-3となったがなんとか踏ん張ってほしい期待を込めた。「がんばってくれた。」本人としては不十分かもしれませんが、チームとしては十分だ!!。最後までもつれこむ優勝争いをしてスペシャルステージで逆手を狙ったが、IASにはイージーセクションで1点詰めるところまでで試合は終了となった、TOTAL2点差だった。「惜しい」
次の北海道まで2カ月弱あるからまたリフレッシュして、体も万全で挑んでほしい。やはりGATTIの活躍はチームの元気の源。「優勝」「ランキング1位」という響きはやはりいいです。2位に若干ランキングテーブル詰められはしましたが、単独TOPは維持していますしライディングも体調不良だったにもかかわらず今年の好調のままなので、勢いは維持していると言えます。がんばれ!「GATTI」!!
柴田暁選手は、スペシャルステージまでもつれこむ接戦5位争いで、見事スぺシャルステージでの逆転劇で5位を獲得。5位争いが目標ではないのでこれに満足せずにさらに上位にコンスタントに入れるようがんばれ!!内容的には全日本トライアルを楽しんでいたように見えるので、「いつもいつも追い込んで追い込んで緊張して緊張して」走っているので、もっと楽しめるように走れればAKIRAのトライアルはかわれるような気がする。

5月中旬~5月末 株式会社ミタ二 新店舗の準備を進めています。
5月30日でMITANImotorsportsSUZUKA22周年を迎える。その日5月30日(金)~6月1日(日)に新店舗をOPENします。

今後のイベント
7月20日全日本トライアル 北海道大会
引き続き応援よろしくお願いいたします。

TEAM MITANI
代表 三谷知明 

0b9dd2df 03f002ad 7e8bd0e9  386f091f f042f4e1 121d8eca

team-mitani