中部選手権トライアルR-5主催&参戦レポート

中部選手権トライアルR-5主催&参戦レポート

日時:2022年6月26日(日)
会場:上石津モーターサイクルスポーツガーデン
主催:TEAM MITANI
公認クラス:NB47台 NA21台 IB10台 IA2台 トライ1台 シニア2台 TOTAL83台(エントリー90台)
セクション:10sec×2lap 持ち時間4時間30分
天気:雨

TEAM MITANI 出場ライダー
国際B級 川添蒼太選手 成績 ☆1位☆HRCクラブMITANI
国内A級 山中玲美選手 成績16位HRCクラブMITANI
国内A級 古市右京選手 成績 15位 HRCクラブMITANI
国内B級 村田隼選手 成績11位 GASGASwithMITANI

今回はTEAMの主催でした。2021年開催の時は天気予報(雨予報)に惑わされてセクションを急遽変更するなどして対策で、未完成なセクションで開催してしまいました・・・やはり前日セクション設置は満足いく主催にはならなかった。今年は事前事前の準備を進めました。

5月22日の日曜日をスタート日に、まずセクションの配置を決めました。5月29日はセクション試走。6月5日は全日本TRもてぎ。6月12日は草刈り、6月19日は、事前セクション作り(昨年は前日にセクション作りでした)これがやはりよかったです。事前事前に考えて主催すると気持ちに余裕もできて、いいセクションもできました。
6月25日の前日は、晴れの予報で各セクション難しい方向へ変更して、晴れでも走りごたえのあるものとしました。

当日の進行もスムーズに流れて(参加者の皆様のそれぞれの配慮があってのスムーズだと思われます)
セクションも私自身が満足いくものができたので、各セクション見て回りましたが、見ていて面白い(自画自賛)(笑)
事前準備からたくさんの方にご協力いただき、当日は43人ものスタッフに恵まれて、無事開催を終えることができました。みんなチームのイベントということと、トライアル業界の発展へのご協力です
うれしいことです ありがとうございます!!そしてここ上石津の会場の親分 川添さんには普段からの会場整備、私たちの準備日にはすべておつきあいくださりご協力いただきました。グリーントライアルの皆様含めありがとうございました。

チームからライダーも4人がエントリーして盛り上げていただきました~

会場を上石津にお世話になるようになり4年目、川添蒼太選手が優勝してくれました、チーム主催でチームメンバーが走るのはかなり嫌みたいです(笑)
会場自体にも3年苦戦したが今年見事に克服!!今季初優勝だ!!ランキングも逆転で単独トップだ!!

玲美ちゃんは腰痛がなかなか治らず、悪戦苦闘中。右京さん今回は、なかなか思うような成績を出せなかったようですが、トライアルをかなり好きです(笑)
第4戦でいきなり優勝を果たしている村田選手は、チーム主催のプレッシャーにやられて11位となった。これこそトライアルの難しいところ実力を何かの状況変化で出せなくなる。みんな楽しんでるから、みんな優勝です!
トライアルは最高です!主催するのもまた楽しい♪

参加してくれた選手の皆様 ご協力くださいましたすべての皆様 私のお付き合いありがとうございました~~みんなに感謝です~~♪

NEXT中部選手権
7月10日 R-6 妙楽寺→キョウセイ変更

TEAM MITANI
三谷知明
MITANI LTD
TOMOAKI MITANI
2147-71dohaku-cho suzuka mie japan
513-0824
TEL059-370-2689
e-mail RXD06735@nifty.com

2022 J-siriesトライアル#01静岡大会 参戦レポート

2022 J-siriesトライアル#01静岡大会 参戦レポート

RACE DATA

202 2Jシリーズトライアル#01静岡大会
■開催日:2022年5月29日
■開催地:日本サイクルスポーツセンター(静岡県伊豆市大野1826)
■気温:30度 ■天候:晴れ
■競技:AM 5セクション×2ラップ PM 5セクション×3ラップ
■持ち時間:AM2時間30分+TP.30分 PM 3時間00分+TP.30分

5月29日 Jシリーズ#01静岡大会が伊豆サイクルスポーツセンターで開催された。TOKYO2020オリンピックMTBコースで使用した、「浄蓮の滝」「枯山水」「天城越え」で5セクションのコースが作られた。

TEAM MITANI からは、増田誠政 樋口瞬 樋口類 の3名が参戦した。
チャレンジW 樋口類選手は、2ラップ目はほぼミスなしでゴールしたが惜しくも4位。
ベンジャミン 樋口瞬選手は、1ラップ目から確実にポイントを重ねていき、接戦となったが見事1位。初の1位表彰台となった。
樋口兄弟は、愛知県在住だが、三重県の岡山トライアル場に通い練習してきた。

オートバイのトライアル選手も集まる場所で、TEAM MITANI小川選手にも声をかけていただき一生懸命に練習をしてきた。TEAM一丸となってサポートし勝ち取った優勝ともなった。

Jエリート 増田誠政選手は、暑さで序盤ペースを落とすが後半は取り戻し3位入賞となった。
増田選手は、初の地元開催となり午前の部の大会のコースも作成した。
MITANI キッズ ドリーム レーシング時代に走ったコースを思い出しながら作成。
一緒に切磋琢磨しあったメンバーを懐かしく思い、昔走ったコースを思い出しながら作った。
樋口瞬選手は、来月ポーランドで開催されるワールドユースゲームズに参戦予定。

今回難しいセクションだったが、しっかり集中しポイントを確実にとることができたので活躍が期待される。
表彰台に立てるようTEAM MITANIとしても全力で応援していきたいと思う。

2022年5月29日
TEAM MITANI 増田こず江

MITANI LTD
TOMOAKI MITANI
2147-71dohaku-cho suzuka mie japan
513-0824
TEL059-370-2689
e-mail RXD06735@nifty.com

中部選手権トライアルR-2 レポート

中部選手権トライアルR-2 レポート

日時:2022年4月17日(日)
会場:愛知県岡崎市 キョウセイドライバーズランド
主催:知多トライアルクラブ
公認クラス:NB82台 NA29台 IB17台 IA4台 レディース2台 シニア2台 TOTAL136台
セクション:12sec×2lap 持ち時間5時間
天気:雨

TEAM MITANI 出場ライダー
国際B級 川添蒼太選手 成績 ☆3位☆HRCクラブMITANI
国内A級 山中玲美選手 成績10位HRCクラブMITANI
国内A級 古市右京選手 成績 16位 HRCクラブMITANI

全日本に続いて雨のキョウセイとなりました。今回は進行での役職をいただき、しっかり業務させていただきました。
大会の様子見、トラブル対策係 オブザーバー交代係 バックマーカーなどやらせていただきました。
140台近いエントリーでさすがに主催者は大変なことを再認識。うちの主催の順番が回ってくることにプレッシャーです(#^.^#)
スタート時間をクラスごとにずらしたり、運営がスムーズになるよう配慮されていました。
その効果で渋滞も大きなトラブルもなく大成功でしたね。

チームメンバーは、IBエントリーの川添選手が、R-1に続いて連続3位表彰台!!昨年優勝も何回かしているだけに今年も早いところ勝利が欲しいところ。
NAエントリーの山中選手は、WETのキョウセイをなかなか苦戦している、いろいろつかむものはあるみたいですので、次戦に期待しよう
おなじくNA古市選手もマッピングで迷っていた模様で、惜しくも16位という結果でした。

NEXT中部選手権
5月15日 R-3 山口パーク

TEAM MITANI
三谷知明
MITANI LTD
TOMOAKI MITANI
2147-71dohaku-cho suzuka mie japan
513-0824
TEL059-370-2689
e-mail RXD06735@nifty.com