2019 HRC RTL300R


HRC RTL300R レース専用トライアル車の魅力

HRCが開発したトライアル車にてレースで最適な部品を選択して組み上げられました。

フロントサスペンションSHOWAを採用し作動フィーリングや耐久性、部品の品質など素晴らしいの一言、レースなどで破損した場合の細かな部品が単品購入可能で他のフォーク部品より半値以下の価格設定が魅力。

AJPクラッチマスターは、軽いクラッチフィーリングで操作性抜群、トラブルが少なく部品も安くワークスマシンもAJPを採用しています。

NISSIN製ブレーキマスターを採用しトラブルが少なく部品も安く軽いタッチで良く効くブレーキです。REPSOLワークス藤波選手も愛用しています。

エンジンは、ロングストロークのエンジンを採用しパソコンにてセッテイングが可能なECUを標準装備!自分好みのセッティングが可能です。

RTL300Rの部品は、HRCから小さい部品1個からでも購入可能です。部品の価格や入荷レスポンスは、特にプライベートライダーのレース活動において大切なことです。


価格 1,105,000円(税抜)
1,193,400円(税込)


主な特徴

LONG STROKE 300ccエンジン搭載!!
NEW FUEL TANK(小型ポンプ)
NEW F/Rフェンダー
AJPクラッチマスター
NISSINフロントブレーキマスター
SHOWAフロントフォーク
newフラットヘッドピストン
newECUセッティング書き換え可能
レンサルFAT BARハンドル
SHOWAリアサスペンション
超軽量削り出し前後ハブ
前後DIDブラックリムにて前後アルミニップル
アルミクランクケースガード
NEWトリコロールデザイン

主要諸元
通称名 RTL300R
全長×全幅×全高(m) 2.010×0.830×1.130
軸距(m) 1.320
最低地上高(m) 0.335
シート高(m) 0.650
キャスター角 23°00´
車両乾燥重量(kg) 72.6
燃料タンク容量(L) 1.9
エンジン型式 水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量(cm3) 288
内径×行程(mm) 80.0×57.2
最高出力(kW〔PS〕/rpm) 15.5〔21.1〕/ 7,000
最大トルク(N・m〔kg・m〕/rpm) 24.8〔2.53〕/ 4,000
圧縮比 10.4:1
変速機形式 常時噛合式
変速比 1 速 2.800(42/15T)
2 速 2.385(31/13T)
3 速 2.000(30/15T)
4 速 1.273(28/22T)
5 速 0.815(22/27T)
減速比(1次/2次) 3.167(57/18T)/4.100(41/10T)
ギヤシフトパターン 1-N-2-3-4-5(1ダウン4アップ)
燃料供給形式 PGM-FI φ28
点火形式 フルトランジスタ
クラッチ形式 油圧、湿式多板
潤滑方式 圧送式、ウェットサンプ
タイヤサイズ DUNLOP D803F 2.75-21 M/C 45M
DUNLOP D803 4.00 R18 M/C 64M(チューブレスタイプ)
ブレーキ形式 油圧式シングルディスク φ183.5
油圧式シングルディスク φ150
懸架方式 テレスコピック式
プロリンク
フレーム形式 アルミツインチューブ

HRC製品はレース専用ですので、一般公道での走行は出来ません。
本仕様、価格は改良のため予告なく変更することがあります。
HRC製品は競技用として製作されたもので、一般量産車と異なり保証の対象になりません。

mitani-ms